わたしの車売却体験談

以前、所有していた車を売ったことがあります。
なぜ手放すことになったかというと転職することになったからです。転職前の職場は車通勤じゃないと不便な職場でしたが、新天地は逆に駅のそばにあり、車を使わなくても通勤可能だったからです。
もともと自宅は駅のそばにあり、通勤に車を使わないなら車がなくても生活していける環境だったので手放すことを決意しました。
車を手放すにあたり、インターネットで複数の中古車買い取り業者に見積もりを依頼しました。
車種や年式、車についているオプションなどを入力するとすぐに見積もりの結果がメールで送られてきます。中には電話がかかってくる業者もありました。
見積もり額には幅があり、多いところと少ないところでは10万円ほどの違いがあったので複数の業者に見積もりをとってみてよかったと思っています。
いくつかの買い取り業者とコンタクトを取り、最終的に一番高値で買い取ってくれる業者に決めました。
私が買い取ってもらったのは三菱のパジャロミニです。15万円で買い取ってもらいました。
自分の名義で初めて所有した車だったので手放すにあたりなんだかさみしい気もしましたが、買い取り業者の方が「新しい持ち主にも大事にしてもらえるように頑張ります」と言ってくださったので少し心が軽くなりました。
売却が決まった数日後に、自宅に車を取りに来てもらいました。売却代金もスムーズに入金されて、とくにトラブルなどはなかったです。
手放してからの数日間はよくパジャロミニのことを思い出しさみしくなったりしましたが、新しい持ち主に大事にしてもらっているだろうと願っています。

ディーラーで車を下取り

新車を購入することになり、今まで乗っていたトヨタのカルディナを売却することにしました。
年式がかなり古いモデルだったので、二束三文程度かと思っていました。
車を売る場合、中古車販売業者に見積り依頼をする方法と、ディーラーで下取りする方法などがあります。
一般的には中古車販売業者のほうが高く売れる場合も多いという特徴があります。
しかし私が以前利用した時には、ちょっと強引な営業でストレスが溜まったので今回は利用しないことにしました。
ディーラーで下取りをしてもらうのは初めてなので、どの程度になるか新車と一緒に見積りをしてもらいました。
新車はプリウスの一番安いモデルで、通常であれば200万しないモデルです。
最初は一緒に見積もってもらい、合計だけが算出されてきました。
下取りの価格とオプションの値引きが一緒に記載されていたので、正直どの程度下取りの価格がついたかわかりませんでした。
営業担当に下取りの価格も正確に付けて欲しいと依頼して、再度見積りを出してもらいました。
新車価格はトータルで210万ほどの見積りでした。
そこから下取り価格として、20万ほどの見積りをしてもらえました。
オプションもかなりつけていたので、そちらの値引きがかなり多かったようです。
今まで乗っていたカルディナは走行に問題はないものの、モデルの人気があまりないことと年式が古いので、下取りはそこまで高くならないとのことでした。
しかし同系列のトヨタということもあり、もう少し頑張って下取り価格を上げてもらうよう交渉しました。
最終的には30万ほどの下取り価格になり、かなり満足しています。
ディーラーで下取りをする場合、交渉次第では下取り価格を上げてもらえる可能性もあります。